So-net無料ブログ作成
検索選択

【私も言いたい】「郵政改革案」 「民業圧迫だ」7割に(産経新聞)

 今回のテーマ「郵政改革案」について、13日までに1502人(男性1275人、女性227人)から回答がありました。「民業圧迫だと思う」と「郵貯、簡保の限度額引き上げはやめるべき」はそれぞれ7割を超え、「正社員を10万人増やすべき」は約1割にとどまりました。

 (1)民業圧迫だと思うか

 YES→78%、NO→22%

 (2)郵貯、簡保の限度額引き上げはやめるべきか

 YES→76%、NO→24%

 (3)正社員を10万人増やすべきか

 YES→17%、NO→83%

 ◯改悪からの軌道修正

 広島・男性自営業(46)「限度額を引き上げることで、正社員としての雇用が確保できることは非常によいことだと思う。政府には、内需を喚起できるような仕組みの構築をお願いしたい」

 神奈川・男性自営業(65)「改悪から軌道修正した法案であり、特に地方の田舎で今後ユニバーサルサービスが受けられるのはよいことだ」

 大阪・男性自営業(33)「上限を上げてもいいが、優遇されている点はすべて排除すべきだ」

 福井・男性団体職員(51)「限度額は上げるも下げるもほかの金融機関と同じであればよい。生保の上限額も同様」

 北海道・男性自営業(68)「貯金限度額は1000万円、保険も1000万円なら亀井提案に賛成だ。2000万円ゆえに民業が圧迫される」

 大分・男性会社員(60)「郵政改革そのものについては賛成だが、今回は改革の後戻り」

 神奈川・男性教師(74)「特に民業圧迫には影響ないと思う。銀行は、あれだけの負債を短期に返済するほどの利益を出した実績がある。雇用の安定とサービスの向上に正社員は仕事への意欲を増すと思う」

 ●亀井大臣の私怨だ

 東京・男性会社員(59)「郵政票を念頭に置いた露骨な参院選対策に憤りを覚える」

 三重・男性会社員(62)「郵政改革案は“改悪案”。郵貯、簡保は、民間と同じ土俵で競争すべきだ」

 福岡・男性教師(49)「限度額引き上げの前に、郵貯・簡保資金が民間に回るようなルートをまず確立すべきだ」

 埼玉・男性会社員(44)「将来構想や財源なき無責任な方針転換は、政府としてあるまじき対応だ」

 北海道・女性会社員(39)「なぜ限度額を上げる必要があるのか。上げた後の資産運用方法は。周りへの影響は。十分な調査も話し合いもないまま即断即決したのが気に入らない」

 富山・男性会社員(63)「総選挙をして決めた郵政民営化案が、少数政党の意見に振り回され、ろくな議論もしないで覆されるのは、民意に沿っていない。亀井大臣の私怨が国政に持ち込まれ、たやすく民主党が受諾したことに全く理念が感じられない」

 石川・男性無職(65)「鳩山政権は一体何をしているのか。国営化に抗議し、(私は)郵便貯金を全額払い戻した。民主政権が崩壊したら再び郵便貯金をしたい」

 【郵政改革案】 ゆうちょ銀行の預入限度額を1000万円から2000万円、かんぽ生命保険は1300万円から2500万円に引き上げる。増大するとみられる郵便貯金や簡易保険の“郵政マネー”の運用は、国債に依存せず、基金を新設して地域活性化に活用する方針だが、無駄な事業の温床と指摘された“悪名高い”財政投融資の復活を懸念する声も根強い。

 さらに、政府の間接出資は事実上の「政府保証」となるため、安心を求める民間からの資金が流入することが予想され、民業を圧迫することは避けられないとみられる。

【関連記事】
“集票マシン”だ!亀井氏、2000万円で100万票ゲット
亀井氏「山崎氏にお願いしていない」 毎日新聞報道を否定
郵政改革法案 「日本経済がけっぷち」元総裁が批判
郵政改革 かんぽ参入に生保各社が危機感
「赤字国債増やすだけ」 中田氏、郵政改革で亀井氏を痛烈批判
外国人地方参政権問題に一石

<雑記帳>猿撃退に虎のぬいぐるみ 愛知・岡崎(毎日新聞)
迷走普天間どこへ…結びつき深い沖縄と米軍 現地ルポ(産経新聞)
<新幹線>八戸−新青森駅間で試験電車停止 電気系統故障か(毎日新聞)
有明海ノリ養殖を視察=諫早干拓の周辺県訪問−赤松農水相(時事通信)
岡本真夜さんが使用受諾=“盗作疑惑“の上海万博PR曲に(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。