So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

手帳にホテル名記載=「裏献金」の現場−05年分、捜索で押収・東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件で、逮捕された衆院議員石川知裕容疑者(36)の手帳に、中堅ゼネコン水谷建設(三重県桑名市)元幹部からの「裏献金」の授受現場とされるホテル名が記載されていたことが25日、関係者の話で分かった。東京地検特捜部が家宅捜索で押収した。
 記載があったのは、元幹部が別の秘書へ現金を渡したと供述した2005年分の手帳で、石川容疑者が「受領」した04年分は見つかっていないという。このため特捜部は、供述と手帳の記載との関係を慎重に調べている。
 関係者によると、水谷元幹部は特捜部の事情聴取に対し、04年10月に石川容疑者へ、05年4月に公設第1秘書大久保隆規容疑者(48)へ、それぞれ現金5000万円を東京都港区の全日空ホテル(現ANAインターコンチネンタルホテル東京)内の飲食店で渡したと供述した。
 特捜部が押収した石川容疑者の05年分の手帳を調べたところ、授受があったとされる4月中旬の日の欄に「全日空」と記され、人の名字も併記されていた。
 同じ名字の人物は、小沢氏の関連政治団体職員にいる一方、ホテルの営業担当職員にもいるとされる。政治団体職員は授受への同席などを否定しているという。 

【関連ニュース
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜

<雑記帳>自民党本部に屋台 幹事長も腕振るう(毎日新聞)
<学力テスト>誤答指さし再考促す…東京・足立区立中の教員(毎日新聞)
長崎漁船沈没 救命胴衣290キロ漂流 鹿児島沖で発見(毎日新聞)
「説明したのは良かった」=福島氏(時事通信)
<国会>政府4演説1月29日実施で3党合意(毎日新聞)

普天間移設「冷静に見守って」「すべてが今、ゼロベース」 首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は27日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、政府内から同県名護市の辺野古案(現行案)に否定的な見方が出ていることについて、「いろんな考え方は今の過程ではありうる。ただ、検討委員会をつくって議論している。名護市長選の一つの民意は大事にしながら、ゼロベースでやると決めた。われわれの検討状況を冷静に見守っていただきたい」と述べた。

 また、候補地として徳之島(鹿児島県)が浮上しているとの一部報道について、「色々なものが検討される可能性がある。否定するつもりはないが、すべてが今、ゼロベースでやっている。どこが入ってどこが入ってないという議論ではない」と述べた。

【関連記事】
普天間問題 政府・与党が再び迷走 官房長官発言で右往左往
「外交、軍事力のバランス整備を」櫻井よしこ氏が松山で講演
自民・大島氏「名護市長選の前に主張すべき」 官房長官発言を批判
首相、改めて普天間「ゼロベース」強調 官房長官発言撤回には触れず
「米政府の立場は変わらない」 普天間問題で米国務次官補

新警視総監「正しい人の力に」(産経新聞)
親権一時停止を提言=虐待防止へ民法改正−法務省研究会(時事通信)
<訃報>谷本守さん81歳=元鹿島専務(毎日新聞)
検察批判会合への政務官出席で官房長官が口頭注意「不適切」(産経新聞)
昨年の自殺者数は3万2753人 過去5番目 警察庁まとめ (産経新聞)

<偽造旅券>中国人ら224人に発送 2被告報酬350万円(毎日新聞)

 パスポートを偽造したとして有印公文書偽造罪で起訴された中国人の男女2人が、21都府県の中国人ら224人に偽造した旅券を発送していたことが、福岡県警への取材で分かった。「ブローカー3人から注文を受けた」と供述しているといい、県警は21日、そのうちの1人とみられる名古屋市在住の中国人、李誠軍容疑者(28)を入管法違反(不法残留)容疑で逮捕した。

 県警によると、有印公文書偽造罪で起訴された李文強(28)と、劉圓圓(25)の両被告=いずれも愛知県東海市=の郵送履歴を調べ、224人への発送を確認した。2人の口座には約350万円の報酬が振り込まれていたという。

 李被告は21日に福岡地裁飯塚支部であった初公判で起訴内容を認めた。検察側の冒頭陳述によると、09年5月ごろから偽造を始め、1通1万6000〜2万5000円で販売。県警が入管法違反容疑で逮捕した李容疑者からは昨年6〜7月に依頼を受け、外国人登録証明書など4点を偽造したという。

 県警は、李容疑者が他にも偽造旅券などを仲介したとみて、今後有印公文書偽造容疑でも追及する。【島田信幸】

【関連ニュース
不法入国容疑:比国籍の女逮捕 背後に偽装婚組織?
不法入国:容疑で比国籍の女逮捕 背後に偽装結婚組織?−−埼玉
在留資格証印偽造:3容疑者を逮捕−−県警 /神奈川
電気通信事業法違反:無届けでネット接続中継 容疑で28歳再逮捕 /神奈川
覚せい剤密輸:中国から、容疑者逮捕 リーダー格か /神奈川

「小沢氏続投」明言せず 首相迷走 “乳離れ”いつ?(産経新聞)
<衆院予算委>午後に党首対決 谷垣総裁「政治とカネ」追及(毎日新聞)
首相と小沢氏を追及へ 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)
<新聞検閲>占領下の実態「証言」呼びかけ…早大メディア研(毎日新聞)
歴代政権の責任指摘=日航破綻で政府・与党−首相は意識改革促す(時事通信)

<カンザキハナナ>琵琶湖見渡し1万2000本(毎日新聞)

 滋賀県守山市今浜町の第一なぎさ公園で、早咲きの菜の花「カンザキハナナ」が見ごろを迎えている。琵琶湖に面した4000平方メートルの敷地に約1万2000本が咲き誇り、黄色いじゅうたんのよう。一方、琵琶湖の対岸には、頂に白雪をかぶった青い山々がそびえ、手前の菜の花畑とのコントラストが鮮やかだ。

 地元のシルバー人材センターが95年から市の委託で栽培・管理している。開花は例年より少し早く、2月中旬くらいまで楽しめそうだ。問い合わせは市観光物産協会(077・582・1131)。【幾島健太郎】

【関連ニュース
もったいないばあさん日記:/42 菜の花=真珠まりこ
指宿:満開の菜の花を見て キャンペーン隊がPR
あちこち・あいち:菜の花1200万本彩る−−あすから渥美半島 /愛知
菜の花:黄色映える冬景色 数万本咲く−−福智山ろく花公園 /福岡
2009歳末点描:早くも菜の花−−鹿児島・長島美術館 /鹿児島

またボンバル機が引き返し 警告灯の表示に不具合(産経新聞)
<ハイチ大地震>日本郵政、義援金送付無料に(毎日新聞)
助け合い誓う小6「17日のカレー」胸に抱き(読売新聞)
<戦闘ヘリ>受注減、350億円払え…富士重が防衛省を提訴(毎日新聞)
「必ず解決」の使命感を=島根女子大生事件で献花−警察庁長官(時事通信)

高速道 進化するSA・PA 快適な休憩設備、エコ重視の商業施設(産経新聞)

 高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)が変わりつつある。かつての似たような施設から、しゃれたデザインの建物に快適な休憩設備、環境にも配慮した商業施設などが登場。東日本と北海道エリアを管轄する東日本高速道路では「駅ナカ」ならぬ「道ナカ」ビジネスと名付け、施設の進化に力を入れている。(太田浩信)

 横並びの料理メニューやサービスが当たり前だったSA・PAは昭和60年前後に利用者からの批判が高まり、次第に変化してきた。平成に入ってからは高速道路と一般道の双方から利用できる「ハイウェイオアシス」も登場。コンビニエンスストアなどの出店も相次ぎ、17年の旧道路公団の分割民営化で拍車がかかった。従来のイメージを覆す商業施設、ドッグランなどもその一つだ。

 ≪回転ずしやスイーツ

 東日本高速道路が展開する商業施設「Pasar(パサール)」は従来施設の概念を変える。PAとSAにリラクセーションの頭文字「R」を組み合わせた造語だが、インドネシア語で「市場」を意味する。20年に京葉道幕張PAの上下線に開業したPasar幕張を皮切りに、21年11月には東北道下り線にPasar羽生、同12月には関越道上り線の三芳PAにPasar三芳をオープンさせた。いずれも改築前の旧施設を大きく上回る好調な売り上げを記録している。

 関越道で最も都心に近いPasar三芳(埼玉県三芳町)は第1期分だけだが、回転ずしや長崎発祥のB級グルメのトルコライスなどを提供する高速道初出店の店がずらりと並ぶ。和洋中の総菜やスイーツ、ベーカリーなど主婦を意識した店もそろう。子供専用トイレのほか、風力・太陽光発電や遮熱性舗装、壁面緑化、LED照明など快適性やエコを重視した設備も特徴だ。高速無線通信でインターネット環境も整える。

 ≪列車に名物駅弁

 同社はPasar以外にも施設の個性化を図る。上信越道上り線横川SAに新幹線開業で廃止されたJR信越線碓氷峠越えのシーンを再現。実物の列車を展示し、名物駅弁「峠の釜めし」が味わえる。関越道上り線の寄居PAは、サン・テグジュペリの名著『星の王子さま』とのコラボ施設としてリニューアル中。今年夏の開業予定で、非日常性や癒やしをコンセプトにしたレストランや接客サービスを目指すという。

 味のレベルアップも図る。レストラン全店舗のシェフが地域産食材を使ったオリジナルメニューで腕を競うコンテストを開催。東北道上り線・那須高原SAでは昨年のグランプリに輝いたメニュー「那須高原 鳥のさえずり〜空の詩」(1300円)を1日限定20食を販売するが、評判を呼んで昼前に売り切れになることもあるという。

 同社事業開発部エリア事業課の河内康高課長代理は「地域の活性化、地域が潤う取り組みを行い、SA・PAが地域のショーウインドーになるようにしたい」と意気込んでいる。

                   ◇

 ■ETC効果で売り上げ増

 ETC利用車の通行料金を上限1千円とする休日特別割引が実施された昨春以降、全国の高速道は通行量が増加。東日本高速道路では昨年4月から10月までの通行量が前年を約15%上回った。比例するようにSA・PAのテナントスペースの売り上げも10%を超える増加を示し、ETC効果が商業施設にも波及した形だ。

 高速道料金無料化を衆院選のマニフェストに掲げた民主党政権だが、6月をめどに曜日を問わず車種ごとに通行料金の上限を設ける新しい割引制度案が浮上。利用者の土日集中は緩和されるとみられる一方、平日の利用増に期待がかかる。

<秦野市長選>古谷義幸氏が無投票で再選(毎日新聞)
<毎日映画コンクール>日本映画界の層の厚さ感じさせる結果(毎日新聞)
雑記帳 京都・三十三間堂で「通し矢」(毎日新聞)
【剛腕の威光】(5)小沢氏側近逮捕 東北の談合 「献金は、みかじめ料」 (産経新聞)
<柳楽優弥さん>豊田エリーさんと挙式(毎日新聞)

サンショウウオもトラ、タイガーサラマンダー(読売新聞)

 三重県名張市の日本サンショウウオセンターで飼育されている、小型のサンショウウオ「タイガーサラマンダー」(トラフサンショウウオ科)が来館者の人気を集めている。

 今年は寅(とら)年でもあり、名前の由来になっているトラのようなしま模様が人気の秘密。同センターの山口和也管理所長は「ユニークなトラ柄に注目してほしい」と来館を呼びかけている。

 同センターではオオサンショウウオをはじめ9種類約60匹を飼育。北米大陸に生息するタイガーサラマンダーは5、6年前から1匹を育てており、現在体長は23センチ。黄色がかった薄茶色の全身に、頭からシッポの先まで黒っぽいしま模様が広がり、「タイガー」の呼び名にふさわしい模様を見せている。

小沢氏聴取、今週末が有力 妻にも打診(産経新聞)
<蓮如>真筆の掛け軸など寺宝盗難、買い戻し公開へ 愛知(毎日新聞)
高速道路にサバ14トン散乱=トレーラーの積荷が落下−大分(時事通信)
抑止力維持、「核なき世界」へ協力=安保改定50年で共同文書−日米(時事通信)
名古屋で墓石44基倒される…仏像も被害(読売新聞)

センター試験終了へ=札幌で大雪、開始繰り下げ(時事通信)

 大学入試センター試験は17日、理科と数学が行われ、2日間の日程がほぼ終わった。札幌市と隣の江別市では大雪で交通機関が乱れ、北海道大など9会場で開始を最大1時間繰り下げた。新型インフルエンザの影響も懸念されていたが、目立った混乱はなかった。
 2日目の受験者数と志願者全体に占める割合は、理科(1)20万1064人(36.3%)▽数学(1)37万7851人(68.3%)−だった。
 インフルエンザや類似の症状が出て受験できず、30、31日の追試験を認められたのは16日までに全国で426人。ほかの病気などを加えると、683人だった。
 大学入試センター(東京都)は当初、新型インフルエンザの流行拡大で最大5万人程度が追試を受ける事態も想定。例年は東京など2カ所のみだった会場を各都道府県に確保し、問題冊子などは約7万5000人分を用意していた。 

センター試験
【関連ニュース
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
センター試験2日目始まる=札幌などで開始繰り下げ
【特集】昭和の記憶 '60
【特集】昭和の記憶 '70

検察が聴取?「小沢幹事長の妻」実は新潟ゼネコンの大株主(J-CASTニュース)
内閣支持率、横ばい47%=不支持は増加−時事世論調査(時事通信)
「酒に酔って魔差した」巡査長がアイス5個万引(産経新聞)
共産党、第25回大会が開幕 米大使館から来賓出席へ(産経新聞)
<陸山会土地取引>小沢氏側へ資金「ゼネコンが補てん約束」(毎日新聞)

<土地購入事件>小沢氏、今週末にも聴取 地検に応諾伝える(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、小沢氏側は19日、任意での事情聴取に応じる意向を東京地検特捜部に伝えた。既に日程調整が始まったとみられ、早ければ今週末にも事情聴取が行われる見通し。

 事件では衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら3人が政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕された。04年10月に小沢氏から4億円を受領し東京都世田谷区の土地を購入しながら、資金受領や土地購入を同年の政治資金収支報告書に記載しなかった疑い。特捜部は原資を巡り小沢氏の妻にも聴取を要請した。

【関連ニュース
小沢幹事長:聴取応諾回答で、地検と日程調整へ
陸山会土地購入:小沢氏が聴取応諾へ
陸山会土地購入:引き出しは3億円 石川議員供述と差
陸山会土地購入:地検捜査巡りシンポ
陸山会土地購入:虚偽記載、池田元秘書も容疑認める

日系ブラジル人を起訴猶予=ひき逃げ、代理処罰で有罪−静岡地検(時事通信)
大人気瀬戸内海の無人島 落札価格は2、3千万円? (J-CASTニュース)
小沢氏、一転低姿勢…参院選にらみ沈静化狙い?(読売新聞)
名護市長選、「政党隠し」に腐心の両陣営 それぞれにお家事情(産経新聞)
<雪化粧>朝日を浴びて美しい輝き 東京・奥多摩(毎日新聞)

石川議員を再聴取、供述矛盾点ただす?(読売新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が2004年に購入した土地を巡る問題で、東京地検特捜部が13日、政治資金規正法違反容疑で告発されている同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)(民主・北海道11区)から2度目の事情聴取をした。

 石川議員は昨年末に特捜部の聴取を受けた際、土地代金に充てた4億円の収入を同会の04年分の政治資金収支報告書に記載しなかったことについて「ミスだった」と犯意を否認。

 小沢氏も12日の記者会見で「計算上のミスはあったかもしれないが、意図的に法律に違反するような行為はしていない」と釈明した。

 特捜部は、4億円もの記載をミスで忘れるとは考えにくいとして、石川議員に供述の矛盾点をただしたとみられる。

中学生は即戦力、防災担い手を育てる動き(読売新聞)
鳩山首相、ハイチ復興支援に全力=アジア中南米フォーラム開幕(時事通信)
【中医協】DPC新係数、「チーム医療」は来年度の導入見送りへ(医療介護CBニュース)
歌会始 「光」を題に、皇居・宮殿で(毎日新聞)
「指揮権発動、一般論としてある」…千葉法相(読売新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。