So-net無料ブログ作成

<普天間問題>首相、環境面に配慮徹底…「辺野古」移設で(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は24日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を、現行案と同じ米軍キャンプ・シュワブ沿岸部のある同県名護市辺野古付近とする方針を表明したことについて「住民の安全はもちろん、環境面に徹底的に配慮する新しい形を何としても作り上げたい」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は、辺野古への移設を否定してきた自らの発言との整合性を問われ「批判は甘んじて受ける。辺野古ということだが、現行案ではない」と説明。「現在の朝鮮半島、アジア情勢を考えた時、日米関係をしっかりとした信頼関係の上に乗せることが大事だと判断した」と述べた。【青木純】

【関連ニュース】
普天間移設:キャンプ・シュワブの代替施設、自衛隊も共用
普天間移設:首相「辺野古」を初表明 「混乱招きおわび」
普天間:辺野古移設 「つける薬ない」 裏切りに沖縄怒り
普天間移設:首相「辺野古」表明 知事「厳しい」
普天間問題:首相、辺野古移設を初表明 知事「厳しい」

<公明党>山口代表が民主との連立、閣外協力を否定 (毎日新聞)
老健開設準備の医療法人社団に破産手続き開始―東京地裁(医療介護CBニュース)
仕分け第2弾後半戦スタート 空港駐車場「委託廃止も」(産経新聞)
堕胎医師、犯行前後に結婚ほのめかす 安心させる偽装工作?(産経新聞)
養母が主張「保険金の受取人は私たちではない」…大阪ポリ袋死体遺棄事件(スポーツ報知)

1歳長女に熱湯、1か月入院…23歳母親逮捕(読売新聞)

 長女(1)に熱湯をかけ、やけどを負わせたとして、大阪府警南堺署は12日、母親の無職井上夢麻容疑者(23)(堺市南区)を傷害容疑で逮捕した。

 井上容疑者は「シャワーの温度を確かめずにかけてしまった」と否認しているが、誤ってかけたにしてはやけどがひどいことから逮捕に踏み切った。

 発表によると、井上容疑者は4月上旬、堺市南区の自宅で、長女のおしりに熱湯をかけて、やけどを負わせた疑い。皮がめくれて赤くただれる重傷で、1か月近く入院した。

 4月14日午前に長女が受診した病院が「やけどの女の子に虐待の疑いがある」と同署に通報。長女は堺市子ども相談所が同日、職権で保護した。

 井上容疑者は「4月9日夜におしりを洗おうとして誤った」などと説明しているという。同容疑者は母親(42)、弟(20)、長男(1)と被害女児の5人暮らし。夫(25)とは別居中。

<普天間移設>政府案決定へ協議…閣僚会議(毎日新聞)
<淀川他殺体>女性に多額の保険 同居夫婦と養子縁組後(毎日新聞)
ペコちゃん連続窃盗犯に懲役5年…和歌山地裁(読売新聞)
あおぞら元行員、インサイダーさらに2銘柄(読売新聞)
<内閣支持率>続落23%「危険水域」近づく(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。